カテゴリー「イベントなどのお知らせ」の記事

2015年8月26日 (水)

特別企画 もんきり壁紙プレゼント!

もんきりを使った壁紙なので「もんきり壁紙」。
iPhone、アンドロイド、iPad用があります。
お使いのものに合わせてどうぞ。

どんどん伸び、広がっていく植物は、子孫繁栄につながり、
めでたいものとされました。
この壁紙に使っているのは「変り虎杖(いたどり)」の紋です。
道端にも生えている丈夫な植物です。

Imgp3003


繁殖力が旺盛なこと、食用や民間薬に使われる身近な植物であったため
家紋となったのでしょう。
別名スカンポなどとも呼ばれています。

iPhone用1

Iphone_itadori1

「iphone_itadori1.jpg」をダウンロード

iPhone用2

Iphone_itadori2

「iphone_itadori2.jpg」をダウンロード

アンドロイド用1

Android_itadori1_2

「android_itadori1.jpg」をダウンロード

アンドロイド用2

Android_itadori2_2

「android_itadori2.jpg」をダウンロード

iPad用1

Ipad_itadori1

「ipad_itadori1.jpg」をダウンロード

iPad用2

Ipad_itadori2_2

「ipad_itadori2.jpg」をダウンロード

続きを読む "特別企画 もんきり壁紙プレゼント!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

父の日ギフトラッピングフェア開催!

140603
本日より、6月13日まで父の日ラッピングフェアを開催します。

小社HPよりご注文にいただくと、
通常料金を頂いているラッピングが無料になります!
(通信欄に「父の日ラッピング希望」とご記入ください)

父の日までに配送希望の場合は11日までにお申し込みください。
(配送日の指定は出来ません。ご了承ください。)
小社HP: http://www007.upp.so-net.ne.jp/xpl/

この機会にお父様へ本をプレゼントしてはいかがですか?
下記ではタイプ別オススメ商品をご紹介します!

【俳句や書道をしていたり、読書家のお父様へ】
Img_0661
歳時記や言葉を味わう方にはシリーズことば『雲』、『月』

がオススメです。
それぞれ雲と月をテーマに古今東西の言葉を300語集めた本です

俳句や書を書くキーワードのヒント集として使えたり
ぺらぺらとめくって言葉を味わって楽しめます。

【骨董品や陶器、おそば好き、手先が器用なお父様へ】
R0012564
味わいを楽しむ方には、『切り紙 そばちょこ』がオススメです。
切り紙作家の下中菜穂と陶磁器研究家の中島由美さんの共著です。

そばちょこに使われている紋について詳しく書かれたブックレット


型紙、切り紙用紙がセットになっています。
読んで楽しい。作るともっと楽しめる。

【科学が好きなお父様へ】
Hyou1gazou
科学少年のような方へは『光の万華鏡 ペンタキス』がオススメです。
二つの万華鏡「ペンタキス」と「ポリタキス」が作れます。

ペンタキスは組み立てると三面の万華鏡になり、覗くと
「ケプラー・スター」

と呼ばれる星型の魅惑的な多面体があらわれます。
外で空の風景を取り入れるように見てもより楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

新刊「窓花」メイキングレポート!

先週9月5日、新刊「窓花 中国の切り紙」のカバーの
印刷立ち会いを行いました。
著者の下中、デザイナーの鷹觜さんと
同行しましたのでレポートします!

エクスプランテから歩いて10分。
シルクスクリーン印刷を大正時代から手がけている
老舗の印刷屋さ
んです。
ここで行程に立ち会って色味などの最終確認をします。

01ink
職人さんがヘラでインクを少しずつ足しながら調合し、
指定した色に近づくように微調整してもらいます。
ほんのちょっと色を足しただけで違う色になってしまいます。
色調整の職人技に感動!

02tameshi1
さて、調合したインクを使って試し刷りです。
大きな印刷機に版をセットし、インクを流します。
ゴーという大きな音とともに、
スクレーパー(平たいヘラ)
がインクを版全体に伸ばします。
瞬く間に印刷が完了し、
いつ刷ったの??
とみんなで不思議がってしまいました。

03tameshi2
何度かインクを微調整して試し刷りを繰り返します。
写真だと分かりづらいですが、ごくわずかに色味を変えています。
最終的に、ほんのり紫色に見える色でOKとなりました♪

確認したらすぐに量産するこの行程のテンポの良さ。
持ち帰っての色校チェックはなし!
現場で、これで間違いはないか…など考えを巡らせて、よし!
「OKです!」

04ryousan
すぐに量産にかかります。
印刷するとすぐに大きな乾燥機の中へ。
どんどん入っていきます。

05omake
以前手がけたポスターなどを見させていただきました。
シルク印刷ならではの鮮やかな色が美しい!
手前の赤と黄色のグラデーションは、
インクを流した時に作るそうで、一枚一枚出方が違うそうです。
中には10色以上使って印刷したものもありました。

カバーは裁断・加工を経て箱形になり、
今日エクスプランテへ納品されました。
パーツが少しずつ揃ってきています。

窓花発売まで1ヶ月ほど。
どうぞお楽しみに!(おさ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

イベントのおしらせ

 12月に開催されるもんきり関連のイベントをふたつおしらせします。 

●「本の贈りもの展」

 日本の人は季節の贈り物が大好きです。
 欧米ではクリスマスに本を贈る習慣がありますが、
「お歳暮」「クリスマス」「お年賀」に本を贈るのはいかがでしょうか。
 清々しい白い紙で本を包み、赤い文様切り紙ののしをそえれば、
 心のこもった素敵な贈り物になります。
 年を送り新しい年を迎えるこの時節に、 ぴったりの本と包みかた、
 贈りかたの提案と展示・販売を致します。

  
  会場:竹尾 見本帖本店2F
  開催日:2012/12/12(水)~2013/1/18(金)10:00〜19:00
      土・日・祝/休み[12/29~1/6休廊]
  協力:折形デザイン研究所・平凡社・美篶堂・エクスプランテ
  竹尾HP→http://www.takeo.co.jp/

  


● CLASKA Gallery & Shop "DO" たまプラーザ店 展示

  ◆会場:CLASKA Gallery & Shop "DO" たまプラーザ店
      (東急百貨店たまプラーザ店2F)
  ◆開催日:2012/12/8(土)~1/6(日)10:00〜20:00
  詳細は、決まり次第HPにアップします。
  CLASKA HP→http://www.claska.com/gallery/index.html


どちらも、関連したワークショップを開催します。
詳しくはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

平塚もんきり組作品展

平塚美術館で七夕のワークショップを開催して以来、
自主的に活動なさっている参加者さんたちのグループ「もんきり組」の
作品展が10/25まで開催されます。

Photo
日本の四季をテーマに約60点の展示と、かなりの力作が並んでいるようです。
お近くの方はぜひ足を運んでみてください。(くろつぐみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

オリオンパピルス展示@棚盆

立川のグランデュオ6階のオリオンパピルスさんで
いろんな人が1ヶ月交替で、何でもありの「棚」を展示する企画  
「棚っていいとも!」http://www.tanatteiitomo.jp/
先日なぼさんが作った「棚行灯」に続き、
暮らしの自由研究室+丹羽朋子さんの「盆棚」が登場しました。(8/10〜9/8)


3

右側に下がっているセルロイドのおもちゃみたいな色のぶどうは
秋田のお盆の飾り「トロンコ」。
もなかでできていますが食べません。
お盆のときにだけ「盆棚」に位牌を移し、トロンコやほおずき、ささげ、
そうめんなどを飾るそうです。

Evernote_camera_roll_20120813_0105
鹿児島のくろつぐみのところにも届きました。カラフルで可愛い!

 

1_2
赤いドクロの切り紙は、メキシコのお盆にあたる「死者の日」で切られる
パペル・ピカドという切り紙です。
時期的にはハロウィンと同時期だそうで、これからの季節ですね。
やはりカラフルな色あいです。
関東のしんみりしたお盆からするとずいぶん派手ですね。

2_2

これはおなじみ、おがらで作った馬と精霊舟。きゅうりの馬、なすの牛も
有名ですね。
ご先祖様が来るときは馬で早く会いにこられるように、
帰りは別れが惜しいので牛でなるべくゆっくり帰れるようにという
心遣いからきているそうです。

Photo
棚のてっぺんに牛と馬がいるのが見えるでしょうか。
お盆とひとくちにいっても、独特の風習がある地域、
お墓参りをすませる程度の地域、
7月にする地域や8月にする地域・・・
調べてみると知らなかったことがたくさんです。(くろつぐみ)

ORION PAPYRUS
立川市柴崎町3-2-1 グランデュオ6F
営業時間 AM10:00~PM9:00 (定休日 1月1日のみ)
http://www.tanatteiitomo.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

オリオンパピルス展示@棚行灯

本と文具雑貨の品揃えが素敵!個性的な棚が並ぶ書店パピルス。   
下見で訪れるたびにいつの間にか、いっぱい買い物してしまいます。   
本屋の棚の間を回遊する楽しさいっぱいのこのお店で、   
いろんな人が1ヶ月交替で、何でもありの「棚」を展示する企画が   
「棚っていいとも!」http://www.tanatteiitomo.jp/です。   
なんと棚が行灯に!   もんきりで「棚行灯」をつくります。   
エクスプランテの本もたくさん置きます。   
ぜひお運びを。駅からスグです。

2

 
(なぼさんの棚行灯の展示は7月6日までです。
お知らせがおそくなり申し訳ありません。)

ORION PAPYRUS
立川市柴崎町3-2-1 グランデュオ6F
営業時間 AM10:00~PM9:00 (定休日 1月1日のみ)
http://www.tanatteiitomo.jp/

 

1_3  

棚はいつも「何か」を待ち構えているのですが、    
実際のところ、あっという間に棚のスペースは埋まり
本は、モノは、溢れ返り床を埋めます。
何もない棚は珍しく、なんだかその余白が清々しくもあり。
そうだ!いっそ、棚を本来の目的から解放してしまおう。
ものを置くのではなく、
置けないように白い和紙を貼って封印してしまう。    
いっそ灯も入れて、そこにはふわふわと影が揺れる。
役立たずの『棚行灯』。    
そうそう「昼行灯=役立たず」
「ヘチマ野郎=ぶらぶらしていて役に立たない」
という言葉もありますが、
どちらも能天気な江戸の空気を伝えて、好きだなあ。    

4

 

この10年、文様のこと、面白くて面白くてさんざん勉強したり
本を出したり     ワークショップをしたりしてきましたが、
そうこうするうちに、
「あ、文様って、言葉と似ている!」と思いました。
で、出した2冊の言葉のシリーズ。雲と月の言葉300を集めた本です。
これも、四角い紙に書いてわらわらと貼付けました。    

3_2

こんな作業していると、熟年の女性のお客さんが通りかかり…、
「あ、この豊旗雲というの、小学校の教科書に載っていて
今まで忘れていたけれど、思い出した!」と遠い目をして一言。
ああ、すごいなあ。言葉って(文様も)タイムカプセルのよう。
ちょっとしたきっかけで、その蓋が空く瞬間立ち会うことがあります。
(彼女は『雲の言葉』買ってくださいました。)    
言葉も文様も、まだまだ謎や物語を秘めてここにある。
このお宝、私達が使って、ちゃんと次に手渡したいものですね。(なぼ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

鳴海友子さんの個展とTV出演のおしらせ

『背守り練習帖』でご協力頂いた鳴海友子さんが個展、
そしてTV出演をされます。

鳴海さんは今ではほとんど見られなくなってしまった
背守りの風習を現代に甦らせるために、
8年前に生まれた初孫の産着に 「背守り」の刺繍をしたのを皮切りに、
今風にアレンジした「背守り」の刺繍やワッペンを
Tシャツに縫い付けています。
そして現代の母親にも「背守り」を伝えていこうと、
ワークショップを開いています。

○ BS朝日 緑のコトノハ
http://www.bs-asahi.co.jp/kotonoha/index.html
放映予定 2012年6月25日(月)~6月29日(金)20:54~21:00

○染色家 鳴海友子 コレクション&ワークショップ『母の祈り 背守り展』  
会期 6/20(水)~7/1(日) 11:00~19:00  
場所 KCC gallery 東京都世田谷区上野毛1-15-14  
TEL 03-5856-5146  
KCC galleryHP→http://web.me.com/kccgccc326/KCCgallery/Welcome.html

 

 

P_106

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

アンデルセン美術館にて

2011/12月、アンデルセン子ども美術館(千葉県船橋市)で展示されていた

紋きりの様子です。

アンデルセン公園 子ども美術館HP
http://www.park-funabashi.or.jp/and/atorie/

1_2 

2_2

6

3_2

4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

【アースピースフェスティバル 2011 ~世界平和を祈って~】 お寺だからできる平和へのアクション

11月19日に、エクスプランテのご近所にある池上本門寺で行われた
イベントの中のワークショップのもようです。

寺院で法要を行う際に仏を供養する為に花や葉を撒き散らすこと、
その花(蓮)を散華と呼ぶそうです。
華の芳香によって悪い鬼神などを退却させ、
道場を清めて仏を迎えるためとされ、
本来は蓮の花が使われていたのですが、現在では
色紙で作ったものを使うことが多くなったそうです。

Photo_2

お坊さんもいっしょにチョキチョキ・・・なんだか微笑ましいひとこまです。

3

これが紙でできた散華。思い思いのもんきりを貼り、竹ひごにつるして奉納しました。

2_2

4
「風雨でお客さんは少なかったのですが、
散華の説明をしていただいたお坊さんにも作っていただいたり、
毎月石巻に通っているお坊さんによる被災地のレポートを見たりし

ました。
つくったものを美しく飾って、ご本尊さまに奉納したときは、
参加者の方から思わず、『恐れ多い…いいのかしら』という嘆息がもれるほど。
たしかに、今まで、いろいろな場所で紋切り作品を展示してきましたが、
ご本尊さまに奉納するのは初めて。じわっと感動がありました。
その前で声明もしていただきました。」(なぼ・くろつぐみ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)