« 重陽の節句のワークショップ | トップページ | ベラルーシワークショップ »

2013年9月13日 (金)

新刊「窓花」メイキングレポート!

先週9月5日、新刊「窓花 中国の切り紙」のカバーの
印刷立ち会いを行いました。
著者の下中、デザイナーの鷹觜さんと
同行しましたのでレポートします!

エクスプランテから歩いて10分。
シルクスクリーン印刷を大正時代から手がけている
老舗の印刷屋さ
んです。
ここで行程に立ち会って色味などの最終確認をします。

01ink
職人さんがヘラでインクを少しずつ足しながら調合し、
指定した色に近づくように微調整してもらいます。
ほんのちょっと色を足しただけで違う色になってしまいます。
色調整の職人技に感動!

02tameshi1
さて、調合したインクを使って試し刷りです。
大きな印刷機に版をセットし、インクを流します。
ゴーという大きな音とともに、
スクレーパー(平たいヘラ)
がインクを版全体に伸ばします。
瞬く間に印刷が完了し、
いつ刷ったの??
とみんなで不思議がってしまいました。

03tameshi2
何度かインクを微調整して試し刷りを繰り返します。
写真だと分かりづらいですが、ごくわずかに色味を変えています。
最終的に、ほんのり紫色に見える色でOKとなりました♪

確認したらすぐに量産するこの行程のテンポの良さ。
持ち帰っての色校チェックはなし!
現場で、これで間違いはないか…など考えを巡らせて、よし!
「OKです!」

04ryousan
すぐに量産にかかります。
印刷するとすぐに大きな乾燥機の中へ。
どんどん入っていきます。

05omake
以前手がけたポスターなどを見させていただきました。
シルク印刷ならではの鮮やかな色が美しい!
手前の赤と黄色のグラデーションは、
インクを流した時に作るそうで、一枚一枚出方が違うそうです。
中には10色以上使って印刷したものもありました。

カバーは裁断・加工を経て箱形になり、
今日エクスプランテへ納品されました。
パーツが少しずつ揃ってきています。

窓花発売まで1ヶ月ほど。
どうぞお楽しみに!(おさ)

|

« 重陽の節句のワークショップ | トップページ | ベラルーシワークショップ »

イベントなどのお知らせ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊「窓花」メイキングレポート!:

« 重陽の節句のワークショップ | トップページ | ベラルーシワークショップ »