« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月 7日 (金)

メールニュース14号【紋切り型】のエクスプランテより

エクスプランテからお届けしているメールニュースのバックナンバーです。
登録はこちらをご覧下さい。
エクスプランテからのご案内
メールニュース14号をお届けします。

+ + + + + +

このメールは、出版社のエクスプランテにアドレスをお知らせいただいた
読者の方、スタッフがお会いした方へ、BCCにて配信いたしております。
今後ご不要な場合は、お手数ですが、u-yu@yj8.so-net.ne.jp までその旨をご返信下さい。


あっという間に師走の坂を転がり落ちています。
みなさん、お元気ですか?
しばしご無沙汰しておりましたが、
エクスプランテからのお知らせです。

冬景色の中で鮮やかな赤い実を
つけているのを見かけます。

今年あったさまざまなことを思い浮かべながら…
難を転ずる=南天 




(添付ファイル画像が入ります)


I N D E X
──────────────────────────────

□ 宝島社より新刊発売。
 『切り紙もんきりあそび 「かたち」を贈る』

□ 展示、ワークショップのお知らせ

□□月刊「なごみ」(淡交社刊)1月号に東北の切り紙についての記事を書きました。もうすぐ発売。
□ ものプランテの 新商品加わりました。
  「もんきりのし」他 

□ 20世紀の映像百科事典 エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ上映会のお知らせ

──────────────────────────────

□ 新刊『切り紙 もんきりあそび 「かたち」を贈る』(宝島社)発売
 価格 1,000円(税込)
   『切り紙もんきりあそび』(宝島1作目)も重版決定です。

紙は、脆く儚く壊れやすい。
だから残らない。
だから愛おしい。

紙は自在にかたちを変える。
生み出し、揺らぎ、衰える。
そして時間を刻む。

紙は手を通して生き延びる。
何度壊れても手がつくりだす。
手が覚えて生き返る。

紙は伝える。
何度でも、何度でも。
季節が、生と死が、繰り返すことを。

紙に「かたち」をのせて。
紙に「ことば」をのせて。
あなたに贈る。

ここ数年、暮らしの中で「文様」や「切り紙」がどんな存在だったのかが知りたくて、
中国や奥三河…などを訪ねる旅を少しずつ重ねてきました。
今年こそは東北のお正月の切り紙を訪ねようと思った矢先に起きた大震災。
その想像を絶する破壊の後にも、白いお正月の切り紙「きりこ」再び宮司さん達の手でつくられる。
その事実に触れ、手の中から美しい「かたち」を生み出すこと、
それが人間にとっての根源的願いに触れるものだということを改めて感じています。
今もなお、手の文化を繋いできた、たくさんの人達に感謝します。

(下中菜穂著「おわりに」より。)


□□□□□ 展示、ワークショップのお知らせ □□□□□□ 


■「本の贈りもの」展
  贈りものに最適な本と、その包み方をご紹介する展示会。
  年を送り、新しい年を迎えるこの時節。
  清々しい白い紙で包んだ本に、赤い文様切り紙の「のし」を添え、
  お歳暮、クリスマス、お年賀に、身近な方へ贈ることをご提案します。

会場:(株)竹尾 見本帖本店2F
   〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-18-3
会期:2012年12月12日(水)~2013年1月18日(
10時~19時 土日祝/休
※12月28日(金)、1月7日(月)は18時まで
※12月29日~1月6日は年末年始休業
協力:折形デザイン研究所・平凡社・美篶堂・エクスプランテ

詳しくは→http://www.takeo.co.jp/site/event/central/201209.html


■■「本の贈りもの」展関連ワークショップ
「本包みと、文様切り紙の作りかた」
 講師が、折りや包み、水引き、文様切り紙の作り方をレクチャーします。
 会場:株式会社竹尾 見本帖本店2F (同上)
 開催日
1. 2012年12月13日(木) 15:30~16:30
2. 2012年12月13日(木) 17:30~18:30定員:各回8名
 参加費:3,000円(税込)
 持ち物:はさみ、カッター
 お申し込みは、竹尾注文フォームより
http://www.takeo.co.jp/site/event/central/201209.html


■■■切り紙もんきりあそび「かたちを贈る」展

「ドー たまプラーザ店」で、もんきりあそびを楽しめるイベントを開催します。
最新著書『切り紙 もんきりあそび 「かたち」を贈る』(宝島社)の発売にあわせて、
本で紹介されているたくさんの『かたち』を添えたギフトのご提案もお楽しみください。
 会場:CLASKA Gallery & Shop "DO" たまプラーザ店
    〒225-0002 横浜市青葉区美しが丘1-7 東急百貨店たまプラーザ店2F
 会期:2012年12月8日(土)~2013年1月6日(日) 10:00~20:00
※12月31日(月)は~19:00、1月1日(火祝)休業、年は1月2日(水)より営業

 詳しくは→http://www.claska.com/exhibition/2012/11/post_44.html



■■■■ 切り紙もんきりあそび「かたちを贈る」展関連ワークショップ

 もんきりあそびで年賀状づくり

 会場:CLASKA Gallery & Shop "DO" たまプラーザ店(東急百貨店たまプラーザ店 2F)

 日時:12月9日(日)14:00~

 定員:20名

 参加費:1,575円(お茶 / お菓子付き)

 お申し込み:たまプラーザ店店頭、またはお電話にてご予約を承ります。Tel:045-903-2082

http://www.claska.com/exhibition/2012/11/post_44.html

■■■■■来年のワークショップ情報

●久が原図書館生涯学習企画「はてな?から始めよう!」もんきりワークショップ
 会場:大田区立久が原図書館
 日時:2013/1/25(金)10:30~12:00
 参加費:300円
 お申し込み:久が原図書館 03-3753-3343
 久が原図書館HP http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/toshokan/kugahara.html

●「切り紙ワークショップ たてものの形から」(仮)
     建物の中の装飾を、切り紙で表現します。 
 (1)会場:旧岩崎邸(上野)
    開催日:2013/2/24(日)
 (2)会場:自由学園明日館(池袋)
    開催日:2013/3/30(土)
 主催:東京都庭園美術館
 庭園美術館HP http://www.teien-art-museum.ne.jp/
 詳細は、決まり次第HPにアップします。


□月刊「なごみ」(淡交社刊)1月号に東北の切り紙についての記事を書きました。もうすぐ発売!
http://www.tankosha.co.jp/ec/products/list.php?category_id=5

小特集 めぐる季節の中で再生する「かたち」
    東北の白い切り紙

下中が3.11以来三陸に通って知り合ったみなさんから伺ったお話、
見たこと、聞いたことを書かせていただきました。
よろしかったらご覧下さい。

山眠り、命の眠る冬。
三陸の村々では、法印(ほういん)さんとよばれる
修験の流れを汲む宮司さん達によって
美しい正月の切り紙がつくられ
家々の神棚を飾ってきた。
それは遠い昔の話ではなく、
毎年毎年、季節がめぐるたびに、ひっそりと
ごくあたりまえのこととして、続いていたのだった。
二〇一一年三月十一日。
すべてを飲み込んだ津波の想像を絶する破壊。
その後に、この小さな手仕事は再び舞い降りる。
祖先達が営々と続けてきた手仕事にどんな意味があったのか。
大きな悲惨の後だからこそ、
今、くっきりと意味を持って立ち現れる。
南三陸の「切り紙」をめぐる旅。

□□□□ ものプランテ新商品 □□□□ 

●ものプランテ新商品

<1> 「もんきりのし」
「切り紙もんきりあそび 『かたち』を贈る」発売記念。

紋をカラフルな厚紙で切り抜きました。
熨斗のように使えます。
贈りものに形と意味を添えて!
形の意味の解説付き。
白い半紙の包みの清々しいパッケージなので、
このまま贈りものに添えることもできます。

  ■8種 各600円(税別)

<2>窓付き封筒(内側に雪文様 透けて見えてかわいい!)

  ■5枚セット 600円(税別)

http://www007.upp.so-net.ne.jp/xpl/

●『東北の伝承切り紙』(平凡社刊)を販売します。

東北にはこんな美しいお正月の切り紙があります。
それもごくあたりまえのように。
そんな暮らしの宝物を再発見が、復興の糧になりますように!
私達のこれからの暮らしのありかたを考える1冊です。

文:千葉惣次
写真:大屋孝雄
価格:1890円(税込)
B5変型版・128P


■□20世紀の映像百科事典
 エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ上映会のお知らせ

12/12に第1回上映会。来年1月、2月にも予定してます。

上映会のサイト http://ecfilm-screening.jimdo.com/


(株)エクスプランテ
〒146-0084
東京都大田区南久が原1-22-8
TEL:03-5741-3671 FAX:03-5741-3672
E-mail: u-yu@yj8.so-net.ne.jp
http://www007.upp.so-net.ne.jp/xpl/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »