« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

北京の小学校で紋切り遊び

一芯社図書工作室の北京スタッフで、なぼさんの友人でもある韓氷(ハンビン)さんが
小学校で「もんきり」をしてくれました。
くわしいレポートは一芯社の自由研究帖(Staff Blog)をご覧ください。

Image
一心に紙を切る様子がとても可愛いです。

Image_1
福の象徴、こうもりは中国の子供のほうが馴染みが深いのでしょうね。

折りたたんだ色紙を切って、開いた瞬間に
思いがけないかたちが出来上がった瞬間の楽しさは
世界共通なんだなあと感じるとともに、
中国の小学校の様子がとても興味深いです。(くろつぐみ)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

落語会のポスター

なぼさんのお友達の方が、お嬢さんの参加する『落語会』のポスターに
もんきりを使ってくれました。
12個の紋はそれぞれの子の名前や雰囲気にあったものを選んだそうです。
どの紋がどの子かなあ?

とてもかわいいポスターで、どんな落語会なのか聞きに行きたくなりますね!

20120919_01600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

升水記念市民図書館「江戸の切り紙、紋切り遊び」うちわづくり

8月6日に桝水記念市民図書館で行われたワークショップの模様です。


子どもと団扇の作品です。
武将や家紋に詳しい歴史少年や
日本舞踊を習っている少女がきてく
れて盛り上がりました。
九翟やミツウロコなどの言葉も知っていて、たのもしい!


Img_2151
Img_2155
Img_2157

平塚市美術館のワークショップに参加して下さった尾上さんご夫婦
升水図書館を訪ねて下さいました。

栄養士の専門学校で免疫学を教える教材として、
免疫グロブリンのかたちを紋切りで考案して下さったのです。

なんと!自然界には五角形や六角形がたくさんあるのだから、
もっといろんな科学もんきりが出きるはずですね。
江戸時代に顕微鏡図から雪の紋を考えたご先祖様もかくや。
学生さん達はぜったいに忘れないはず。ありがとうございます。(なぼ)

Imgp1724

Imgp1727

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペースナナ 江戸の「紋切り遊び」でハガキをつくろう!

7月31日にスペースナナで開催されたワークショップの模様です。

Img_2141

Img_2146

Img_2140

Img_2129 

Img_2137
Img_2132

スペースナナの子ども達は詩人でした。


   

ずっとここにさいていたいなあ。

初雪として降ることが出来て「本当にうれしい」


かたちに寄りそった言葉がすっと出てきました。(なぼ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

小金井アートフル・アクション!

7月28日に開催された小金井アートフル・アクション!のワークショップの模様です。

Imgp1082
Imgp1083  

のぞき紋が進化しました?紙からとびだす紋!


Imgp1098

夏らしく鮮やかな色あいが小金井の街を彩ってくれたようですね。

ご参加ありがとうございました!(くろつぐみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Carta Biancaうさぎの会

7月10日に開催されたカルタ・ビアンカうさぎの会のワークショップの模様です。

 

写真は参加者のひとり、写真家の中山祥代さんが提供してくれました。

 

Img_8798
Img_8800mm
Img_8802

2つ折りのカードを作りました。
シンプルなデザインなのに、
折られることによって立体感ができてとてもいい雰囲気ですね。
ご参加ありがとうございました!(くろつぐみ)

追記(8/30)

YouTubeにうさぎの会さんがupされた
ワークショップの様子の動画がありましたので、リンクを貼っておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=BR4Gj4lZwWc&feature=related

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »