« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月30日 (月)

とらやさんのワークショップにて

5月21日、とらやさんの展示「紙のかたち展-切って魅せる-」に
あわせて開催されたワークショップの模様です。

Photo

今回は、初夏の型紙をみなさんに切ってもらい、葉書に貼って展示しました。
日の長くなった夕暮れの空を飛ぶ蝙蝠を見ると夏が来たなあと感じます。
東京でも飛んでいますよ。川のそばや竹やぶなどに注目してみてくださいね。

3

水面に浮かぶ波紋にもみえます。下の紙に落ちた影がまたきれいですね。

4


今回は、中学三年生のお孫さんとお祖母さまがいっしょにご参加いただき、
どちらが上手か、どちらが色合わせが素敵か。。楽しげに、競い合っていました。

おばあさまは、震災以来外出をためらわれていたのですが、
その様子を見た娘さんから今回のワークショップに誘われ、
お孫さんと二人でやってきてくださったそう。
東京の人でもそんなふうに心が縮こまっているのですね。
少しでもほっとする時間を楽しんでいただければうれしいです。

2


和菓子の虎屋さんだけに、出てくるお菓子にも注目です。これはなすび餅。
慶安4年(1651)、なんと家光の時代からあるそうです!
黒ごまが入った白餡を包んだ、ういろうの白なすの実に、羊羹のへたがついています。
ここにも江戸の人の自然を観察する確かな目が生きていますね。
「三ツ割りなす」のもんきりと共に写真を撮る参加者さんも。
丸いころんとした形がそっくりで、作られた時代の近いもの同士なんだなあと実感します。



5
●富士山の絵は虎屋15代当主のかたが描かれたもの。
サインが漢字で十五とあります!!いいなあ。
この富士山がかかった本社の会議室でのワークショップ。
窓の外は赤坂の御所の緑でした。
ご参加くださったみなさん、ありがとうございました!(N/くろつぐみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

シリーズことば 雲

R0021692

エクスプランテの新しいシリーズ「ことば 雲」が発売開始してからそろそろ一ヶ月。
そろそろ店頭で目にされた方も多いのではないでしょうか。
今回は、なぼさんのお知り合いのブロガーさんのレビュー記事を紹介します。

[山森★浪漫]さん

普段は山や森を歩いたときの記事で写真もとても素敵です。
こうして本物のの自然にふれることの多い方による「雲」のレビュー。
ぜひご覧になってみてください。

また、こちらは今年の一月にワークショップをしてくださった
にしすがも創造舍カモ・カフェさんのブログです。
中身の様子を見たい方はこちら。
ぱらぱらめくる楽しさが伝わってきますね!

(くろつぐみ)

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

とらや東京ミッドタウン店 ギャラリーにて 「 紙のかたち展-切って魅せる- 」 終了しました。

2011年3月16日(水)~4月27日(水)に
とらや東京ミッドタウン店 ギャラリーにて開催されていた
 「 紙のかたち展-切って魅せる- 」 が終了しました。

R0021667

震災直後の開催となり余震や自粛ムードの影響が心配されましたが、
こんなときだからこそ、きれいなものを見て心を癒したいという思いがあらわれたのか
たくさんの方にご来場頂き、うれしい声も頂きました。
本当にありがとうございました。
スタッフも震災のずっと前から準備を進めてきましたが、
今回のことでとても感慨ぶかいイベントとなりました。
桜は日本人にとってとても大切な、特別な花であるということを改めて実感しました。

○「大事な仕事前なんだ」といいながら、紋きり遊びを楽しそうにするスーツ姿の男性が。
なんだかいい風景でした。

とは、会期中に届いた店員さんからのコメント。

とても素敵だったのでご紹介させて頂きます。



今日で震災から2ヶ月。
復興の兆しも少しずつ見えはじめた一方で
避難生活の長期化など直後とはまたちがう影響も出始めて大変なときですが、
北国の桜は今が盛りを少し過ぎたころでしょうか。
これからの地域もあるかもしれませんね。
きれいなものにふれて、少しでも心なごむひとときがあればと願っています。

R0021694_2
会期中、会場で販売されていた羊羹に、スタッフの方が紋を切って貼りつけた
手作りの包装をして下さっていました。シンプルなのにかわいい!

とらやさんでは5月21日に本店で2回目のワークショップを予定しています。
詳しくはワークショップ情報の記事をご覧下さい。(くろつぐみ)

✿追記✿上記のワークショップ、まだ若干の空きがあるそうです。
展示の会期に間に合わなかった方もぜひご参加ください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

ワークショップ「紋切り遊びで日本の文様を作ろう」  にて

4月30日に武蔵野市立吉祥寺美術館で行われたワークショップの様子です。

002

035
026
とにかく切るのが楽しい!どんどん作品ができてゆきます。

011
はつゆきはいつの季節も人気者です。

025
このカニは、参加者の方が一ツ折りで即興で作ったデザインです。かわいいのにリアル!
江戸時代の人なみの観察眼ですね。

030

よく登場するこの紙は、障子紙です。巻物のようになっているのでこうして貼った後に
くるくると筒にまとめることもできて便利。
吊るしたり墨で模様を描いた上に貼ったり、アイデア次第でいろいろな表現ができます。




029
今日も、素敵な作品がたくさん生まれました。
ご参加下さったみなさん、ありがとうございました!(くろつぐみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »