« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

過去のワークショップ情報(2010年)

hairsalon 年賀状やお正月飾りに!
江戸から伝わる「紋切り」で、めでたづくし。

江戸から伝わる切り紙『紋切りあそび』。紙を折りたたみ、型紙の通りに切ると美しい日
本のかたちが手の中に舞い降ります。昭和のはじめのころまでは図工の教科書にも載って
いたのですが、いつの間にか消えかかっていたこの遊び。暮らしの中で使って工夫して、
私達も次の世代に手渡していきたい。めでたいかたちを作って年賀状やお正月のちょっと
したおもてなしに、使って見ましょう。

◆会 場:銀座おとな塾 
◆開催日:12月4日(土)13:00〜15:00
◆講 師:下中菜穂(造形作家)
◆定 員:30名
◆参加費:3150円  教材費:525円
◆持ち物:はさみ、カッター、眼鏡の必要な方はお忘れなく。
◆お申し込み・お問い合わせ:
銀座おとな塾 産経学園HPからweb会員登録をすれば申し込み可能です。
お電話の場合は、03-5250-0719(受付時間10:00〜20:00)となります。

hairsalon〜魔除けのかたち、『背守り』をつくってみよう。
        母達が縫い刺した「かたち」をたどる。

 

魔物は背中から忍び寄る。幼い子どもの魂を守るために、母達が着物の背中に縫いとった
小さな魔除けのしるし。それが『背守り』です。縫い『目』が魔物を睨みます。
古い見本帳にある思いのこもった『背守り』の図案をご紹介。紙や布に刺してみましょう。
暮らしの中で使いながら、母達の時代に思いを馳せ、子ども達へと思いを伝えて行きましょう。
背守りのご紹介、お話+かわいいカードに背守りを刺します。        

 

会 場:銀座おとな塾—産経学園—
開催日:10月31日(日) 13:00〜15:00
講 師:下中菜穂(造形作家)
定 員:30名
参加費:3150円 教材費:525円
お申し込み・お問い合わせ:
銀座おとな塾 産経学園HPからweb会員登録をすれば申し込み可能です。
お電話の場合は、03-5250-0719(受付時間10:00〜20:00)となります。
hairsalon昭和のくらし博物館 土曜お茶の間会「ウイルタの切り紙 そして、暮らし。」
北海道の北の端に「ウイルタ」と呼ばれる民族がおり、
彼らの文様を衣服などに刺繍するために「切り紙」をするのだという。
ぐるぐると渦巻く美しい文様。ウイルタの人々の暮らしと歴史。
「切り紙」のむこうに何かが見えてくる。
もしかしたら日本とも深い関わりがあるのかもしれない…。
そんな、よもやま話をいたしましょう。
ウイルタの切り紙と日本のもんきりを実際に作ってみましょう。
 
●映像+お話+切り紙
●ウイルタのおばあちゃんが大好きな、おやつとお茶が出ます。        

 

会 場:昭和のくらし博物館
開催日:10月2日(土) 14:00〜16:00
講 師:
■映像とお話■
ウイルタの北川アイ子さんの貴重な生活記録の映像制作に携わった、
笹倉るい美さん(北海道立北方民族博物館学芸員)からお話を伺います。
■切り紙と進行■
下中菜穂(造形作家 切り紙研究家)
定 員:30名
参加費:1500円 (入館料500円を含みます)
お申し込み・お問い合わせ:昭和のくらし博物館 03-3750-1808
[申込方法]郵便振替口座:昭和のくらし博物館
番号:00110-9-138174 当日、参加可! 
hairsalonもんきりあそびで、お便りを出そう!
江戸時代に生まれた切り紙「紋切りあそび」。
日本人は暮らしの中でこんなふうに文様を楽しんできました。
大人も子どもも一緒に楽しみ、
できた切り紙をカラフルなハガキに貼って
大切な誰かにお手紙を出そう!
出来たハガキは、その場で切手を貼って出します。
出したい人の住所を調べてきてくださいね。        

 

会 場:北千住マルイ 5Fこどもテラス 
開催日:9月12日(日)11:00〜12:00     14:00〜15:00
講 師:下中菜穂(造形作家)
定 員:親子8組
参加費:親子で500円
持ち物:はさみ、カッター、必要な方はメガネ        

お申し込み・お問い合わせ:北千住マルイ こどもテラス(03-4376-5228)

hairsalon紋きり団扇で江戸の涼を楽しむ
江戸時代の小粋な遊び「紋きり遊び」。
和紙を折り畳み、型紙どおりに切り抜くと、様々な日本の美しい形が作れます。
江戸の人々の情緒を感じてみませんか。
紋きりの魅力や形の意味を学びながら、実際に紋きりをし、団扇を作ります。        

※7月12日(月)申し込み締切です。

会 場:カタログハウスの学校:東京店(新橋) 
開催日:8月28日(土) 13:00〜15:00
講 師:下中菜穂(造形作家)
定 員:30名 (抽選)
参加費:2,000円 ※材料費込み、前金制。
お申し込み・お問い合わせ:カタログハウスホームページへ        

hairsalon「文化財庭園で、文化体験!2010」
〜 Cross Culture! Cross    Communication! 〜 もんきり教室

今回の「もんきり教室」は、江戸時代に築庭された六義園で、
季節の挨拶状をつくります。
この教室は、毎回、幅広い世代のお客様から参加を頂き、
創造性に富み、世代を超えたワークショップとして、大変好評を得ております。
「日本のかたち」と語り合い、暮らしの中で楽しく使ってください。        

※申し込み締切は、開催日によって異なります。

会 場:六義園(東京都文京区) 
開催日:6月5日(土)・7月31日(土)・8月7日(土)
講 師:下中菜穂(造形作家)
定 員:18名(抽選)
参加費:3,000円(入園料別途)
持ち物:はさみ、カッター、必要な方はメガネ        

お申し込み・お問い合わせ:東京都公園協会ホームページへ

hairsalonみんなで楽しむ【いろはにもんきりあそび】
毎回ご好評いただいている紋切り遊びは、
江戸時代にはじまった、ひらく瞬間が楽しい紙遊び。
紙を折り、型紙通りに切ると、美しい形がうまれます。
今回は、四季折々のモチーフが一冊になっている「いろはにもんきりあそび」から、
お子様が楽しく遊んでいただけるモチーフを選びました。
紙遊びの楽しさを、ぜひご体験ください。
 
会 場:西宮阪急    文具売場(兵庫県西宮市) 4階    文具雑貨(ステージ28) 
開催日:    4月28日(水)・29日(木・祝)・5月3日(月・祝)・4日(火・祝)
     各日正午〜午後4時
参加費:無料
お問い合わせ:西宮阪急コトコトステージホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【年末年始の営業のおしらせ】

12mede

本年も大変お世話になりました。

誠に勝手ながら、12月29日~1月5日までお休みを頂きます。

なお、その間に頂いたご注文は1月6日発送となります。

よろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えくださいませ!

エクスプランテ スタッフ一同

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

「日本の切り紙」限定発売します。

ひとつの地方に長く住んでいると、日本各地にはまだいろいろな知らない習慣や
行事があるんだなあということをしばしば実感します。

これもそのひとつで、日本各地で昔から使われてきた切り紙たちです。
神棚のそば、囲炉裏のそば、人の集まるところに飾られて
豊作や家内の安全を願い、親しまれてきました。
素朴な図柄がかえって、シンプルな「祈り」の力を感じさせるような気がします。

Kiri1

たとえば、これは赤と白の2枚で1セットです。
重ねて透ける色目を楽しんでも、並べて飾っても素敵!

Kiri2

Kiri3
新しい朝を声高く告げる鶏も切り紙の図案になりました。

Kiri4
かぶ。豊作を祈って切られた根菜の図案です。

Kiri5


見るからにおめでたい向かい合う2匹の鯛に「家内安全」の文字。

Kiri6
自動車のない時代、どんな道でも重い荷物を引いて歩く馬は、とても大事な家畜でした。

Kiri7
これは上の赤い朝日と色違いです。

 

この切り紙たちは、これからHPのみで販売される予定なのですが

ブログで先にご紹介したいと思います。大きさは半紙大。

白と色紙の2枚セットで1050円(税込み)。スタッフが一枚ずつ切った限定品です。

とても手がかかるので、一種類につき一枚しかありません。すみません><

ご希望の方は、直接お電話かメールでお問い合わせ下さい。

(HP内の通販フォームの備考欄に書いて頂いても結構です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

江戸から伝わる「紋切り」でめでたづくし

前回背守りのワークショップを行った銀座おとな塾さんで、今回は紋切り型のワークショップが開催されました。

1204a

1204b
1204e
1204d_2

1204c_2

紋切り型には初挑戦な方ばかりでしたが、今回も斬新で素敵な組み合わせやデザインが

たくさん生まれました。

こういうセンス、日本人が潜在的にもっているものなのかもしれませんね。

うしろで観覧していたおとな塾のスタッフさんたちも途中から加わり、とても楽しいワークショップになりました。

また、このおとな塾さんに併設されている「モノコトショップ」では、紋切り型をはじめ、

さまざまなジャンルの書籍や雑貨が並んでいて、そのセンスのよさに感嘆しつつ、

なぼさんが次々手に取る姿がとても印象的でした・・・。

お立ち寄りの際は、ぜひ覗いてみてください。(くろつぐみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »