« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

背守りが海を超えてニューヨークに。


北海道の平和団体・「1000PEACE」のプロジェクト、「てつなぎキルト2010」では、イラクのガンや白血病の子どもが描いた 絵を真ん中に刺繍し、その周りにその子を応援する絵をつなぎ合わせて1つの絵を作成。絵を描いた子自身に届け、エールを送っていま す。

529a
529b
先頃ニューヨークで行われたNPT(核拡散防止条約再検討会議)に「旅するキルト」として、「てつなぎキルト」の皆さんがキルトに背 守りを縫い取ってNPTに参加されました。

5年に一度の国際会議では、世界中から核についてさまざまなアピールをしにたくさんの市民やNGOが参加します。日本からも広島・長 崎の被爆者の方も含め、多くの参加者がいました。

劣化ウランに被曝した子ども達の代理として、彼らの絵をニューヨークに集まった人達に見てもらい、より多くの人達が関わるきっかけを 作ろう、などの理由で準備を進めるなかで、背守りの図案も仲間入りしました。
529c
今回、日本全国から縫い集められ、作成されたものを含めた約50枚のキルトは、再検討会議やニューヨークでのキルト・ア ピールとしてピースパレードや展示が行われました。

529d529e

「てつなぎキルト」に賛同し、キルト制作応援で背守りを作られた北海道の卓球愛好会の皆さんです。

背守りは子どもの成長を願うという、世界共通の思いのかたちです。
それがこうしたアピールに加えられているという事で、私たちと世界とのかかわりに思いを馳せられます。(森)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »