« 2009年8月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

屏風も手作りの大作です!

仙台市にお住まいの西谷寛さんから届いた作品です。切り抜いたそばちょこや紋様切型を段ボールで作った屏風に貼ってあるそうです。

0930c_3

骨董屋さんでみかけるような違い棚に並べたようなデザインに、
スタッフの間に思わず歓声があがりました。
こんな素敵な飾り方があるのですね。

0930d_3


こちらも、絶妙な紋や色の組み合わせにこんなセンスを持った西谷さんはいったいどんな方なのかとプロファイリングまで始まる盛り上がりぶりでした。横に長いパノラマ写真のため小さい写真になってしまいましたが、ぜひ写真をクリックして大きくしてご覧下さい。
西谷さん、どうもありがとうございました!(くろつぐみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

文化祭にもんきりワークショップ登場

神奈川県相模原市にお住まいの松崎薫さんから素敵なお便りを頂きましたのでご紹介いたします。


0928a
9月6日(日)神奈川県立相模原高校の文化祭。
PTA成人教育委員会主催で「紋切り遊び」のワークショップを行いました。

用意した型紙と色紙で紋切り遊びを体験し、白いうちわに貼ってついでに千社札シールで完成!というもの。

0928b_2

色紙を折ってシンプルな型を置き、ちょちょっと切るだけで複雑な紋が出てくる面白さはこれで体験していただけるとして…まだ伝えたりないことが…

0928c_2

「紋切って簡単なのになんと奥が深い!! 」ということを。
そこで4枚の障子にテーマごと(1桜と梅 2その他の植物 3雪 4物)に様々な紋を貼って展示してみました。
豊富な種類と巧妙なデザイン、身近なものを紋に潜ませる洒落っ気、雪の結晶の観察に夢中になった殿様が雪の紋まで作りブームになったことなど、江戸に生きた人々の暮らしぶりが想像でき、まさに驚きの連続だったからです。

0928d

ワークショップは10時~14時30分の4時間半に
来場者は110人を超え、会場は大賑わい。  
子供も大人も先生も在校生も
久しぶりに持つ“はさみとのり”に格闘し
個性豊かなうちわが出来上がっていきました。

0928e

親子3代でチャレンジした家族
「これ、ハマリます」という卒業生の理系男子達
こうもりをいっぱい貼って、「ハローウィンみたい」という子
「地域の集まりで紋切りをやってみたい」というお母さん
「我が家の障子に紋切をいっぱい貼るのが夢。」などなど
まさにParent-Teacher-Student Associationのひとときでした。

新しいもんきりファンが増えて大成功でしたね!お便りありがとうございました。(くろつぐみ)


読者さんからのお便り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

リンク集

エクスプランテのリンク集です。

一芯社図書工作室 日本と中国の出版界をつなぐ「工作室」

言葉とかたち(コトカタ) 大人だって「自由研究」。なぼさんのHPです。

昭和のくらし博物館 エクスプランテのご近所さん。

アボガド共和国 世界中の不思議な家を追うカメラマン、小松義夫さんのHPです。

くさっぱら公園 社長も茹でピー屋さんで参加の「くさっぱらまつり」はこちらの公園です!

エクスプランテのtopに戻る

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2010年1月 »